ギャラフォン

Galaxy スマートフォンに関する総合情報サイト

Google Pixel 3a は2020年でも使えるし、手に馴染む良機種だ

Google Pixel 3a は2020年でも使えるし、手に馴染む良機種だ

Google の Android スマートフォン「Pixel 3a」を使って1ヶ月経ちましたので、感想を述べます。

Google Pixel 3a、良いなと思うところがたくさんあります。

何と言っても最新の Android 11 を楽しめるところです。ガジェオタとして、常に Google の考える最新のモバイルOSについて触れていたいという気持ちがあります。

いわゆる「ピュアな Android」をPixelで楽しむことができます。押し付けがましいプリインストールアプリも少ないので、Android をシンプルに利用することができます。

またセキュリティアップデートが毎月提供されています。

アップデートは発売後3年間は継続されます。具体的には、Google Pixel 3aへのAndroid バージョン アップデートの提供保証期限は2021 年 10 月と定められているのです。

とりあえずGoogle 純正のカバー「Google Pixel 3a ケース」をゲット

スマートフォンを購入したら、まずはケースが欲しくなりますよね。

Google Pixel 3aを購入してすぐに Google 純正のカバー「Google Pixel 3a ケース」を購入しました。

海外から来るのかと思っていたら、Googleのある渋谷から発送されたので、1日で届きましたよw

「Google Pixel 3a ケース」は確かにすべすべした感じがあり、グリップ感に乏しいのですが、これはこれでアリだと私は思って、1ヶ月ほど愛用しているんです。

また画面保護シートは、100円均一ショップで iPhone X 用のものを選び、天地逆さに貼っています。

Google Pixel 3a は小ぶりでポケットの中に容易に入る

Pixel 3aを購入してよかったと思う点について述べますね。

まず、Pixel 3aは小ぶりな5.6インチディスプレイを搭載しているところ。

このサイズはもしかしたら今ではスマートフォンとして小型の部類に属するかもしれません。

Pixel 3aは手のひらに収まる感じがあります。これがいいんですよ。ズボンのポケットへサッとしまえる感覚がすごくいいです。使っていてきもちいいです。

必要な時にサッと出せてサッと仕舞える。機動力があっていいです。

音楽を聴きたい時にPixel 3aにイヤホンをさして、端末はポケットに入れて歩ける。そんなスタイルが気に入っています。

Google Pixel 3a の指紋センサーがキビキビしている

Pixel 3aは、生体認証として指紋センサーを搭載しています。これがなかなかいいのです。

センサー部分は背面に配置されており、サッとロック解除ができます。

この指紋センサーは、Android 11 になってさらに高速になったようです。

ディスプレイ内指紋センサーを搭載するスマートフォンは、しばしばもっさりしていることがありますが、Pixel 3a の指紋センサーはかなり高速と言っていいです。ストレスゼロです。

コロナ時代、指紋センサーはとても大事な機能になっていると私は思います。

Google Pixel 3a の素っ気なさはメリット

Pixel 3a はピュアなAndroidを 搭載しています。Pixel ランチャーというアプリドロワーでアプリなどを管理しています。

Galaxy や Xiaomi、Oppoなどと異なり、Pixel はピュアな Android なので、機能性は劣るかもしれません。

例えば Galaxy では LINE アカウントを2つ持てたり、Xiaomiでは二つの画面を持てたりします。

確かにスマホメーカーが独自に味付けした UI は悪いわけではないのですが、私はPixel の環境を好んで使っています。

アプリはどれも Google のものであり、統一感があります。確かにカスタマイズ性に劣るところがあるとは思いますが、好みと言える範囲でしょう。嫌なら Nova Launcher あたりを導入すれば済む話ですから。

むしろ好きなアプリ、好きなランチャーを入れて、自分好みに作り上げる楽しみが残されていると捉えるといいのではないでしょうか。

Pixel を買うなら3aでいいのでは・・・(ただし5Gを除く)

世の中にはハイエンドからローエンドまで幅広くスマートフォンが存在します。Google Pixel 3aは2019年のミッドレンジといえましょうか。

その後継として、Pixel 4a とか Pixel 4a (5G) が出ていますが、正直あまり変わらないなと考えています。根拠はベンチマークです。

Pixel 3aであれ、Pixel 4a であれ、あるいは Pixel 5 であれ、どれもミッドレンジの SoC を積んでいます。どの機種も「速い」と評価することはできないです。

利用するのに支障があるほど遅いわけではないですが、かと言って速いとは言えません。大雑把にいえば2019年、2020年に発売されたPixelはどれも変わらないです。

2年前のハイエンドスマートフォンGalaxy S9 などに比べると、Pixel 3aもPixel 4aも低いスコアを出します。

このSoC性能はスマートフォン体験に大きな影響を与えますが、とりわけゲームにおいて顕著な差をもたらします。

もしゲーム性能を求めるならば Pixel 以外のスマホを購入するべきと言えるでしょう。Pixelシリーズはゲームをやるのはおすすめできないと感じています。

ただ、「私はゲームはスマホでやらないよ。Nintendo Switchがあるからね」などという方にとっては、スマートフォンにゲーム性能を求めることはありません。

ミッドレンジのスマートフォンが安くてそこそこの性能で、バランスがいいのがPixelです。

その中でも、もし「 5G がどうしても欲しい!」という方がいらっしゃれば Pixel 5 や Pixel 4a (5G) をお求めになるのもよろしいでしょう。

Pixel 3aもPixel 4aは4G止まりです。

ただ、5Gは普及にはまだまだ相当な年月がかかるはずです。焦っていないユーザさんは、Pixelを買うならばPixel 3aで十分だと考えています。

まとめ:在庫処分価格のGoogle Pixel 3a は買う価値あり

最後に、Google Pixel 3aの安さについて触れておきたいと思います。

Pixel 3aは2021年10月までアップデートが提供されます。まだまだ現役で楽しめる端末です。

ポケットに入るナイスな端末である Pixel 3a は手元に置いておく価値がありますよ。

Pixel 3a は、Google 公式の Google Storeで49,500円で販売されていますが、これは買ってはダメです。

Pixel 3aは2019年のモデルで、発売後1年ほどが経ち、ディスカウントされているものを狙うべきです。

もし在庫があればソフトバンクショップのGoogle Pixel 3aがいいでしょう。いま在庫処分で21,984円で販売されています。

▶︎▶︎ Google Pixel 3aをソフトバンクオンラインショップで見てみる

しかし、オンラインショップは在庫がほとんどありません。またソフトバンク実店舗でもほとんどありません。

おすすめはイオシスの未使用品です。ソフトバンクショップで買うよりも少しお高くなるのですが、それでも2万円台で購入できれば御の字でしょう。

▶︎▶︎ Google Pixel 3aをイオシスで見てみる

 

Return Top