1. ホーム
  2. GalaxyS9・S9+
  3. ≫Galaxy S9 の白ロムをAmazonで購入するときに注意したいこと

Galaxy S9 の白ロムをAmazonで購入するときに注意したいこと

ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K)やau版Galaxy S9 (SCV38) をAmazonで購入するときの注意点についてご紹介します。

ドコモ版Galaxy S9はドコモから購入すると本体価格 94,608円ですが、Amazonでは新品未使用品(店頭にて通電だけした未使用品。限りなく新品に近い)が58,000円前後と大変お安く販売されております。

同様に、au版Galaxy S9はauから購入すると本体価格 95,040円ですが、Amazonでは新品未使用品がなんと49,890円前後です。

こちらはいわゆる白ロムというデバイスです。誰かがドコモと契約した後に携帯電話ショップに持ち込まれたものです。初期付属品も全て揃っています。基本的にこれらにはドコモ、あるいはドコモのMVNOのSIMを刺せば、問題なく動作します。

正規に買うと10万円近い Galaxy S9の新品未使用品が49,890円から58,000円前後で買えるというのですから、たいへんおトクに見えます。では注意点はないのでしょうか?

Galaxy S9 の白ロムを買うときに注意すべきこと

Amazonでは、Amazon以外のセラーがGalaxy S9 の白ロムを出品しています。これはマーケットプレイス出品者です。マーケットプレイス出品者が販売する商品であることに留意する必要があります。届いた商品に不良があることもありますから、返品の可否や返品条件を確認することが大事です。

また返品条件とも被るのですが、赤ロム保証があるかどうかも大事です。ネットワーク制限の保証があると安心です。

ネットワーク制限は、X 判定の場合はもちろん通信できません。この場合売り物になりませんので、出品される可能性は少ないです。問題は▲判定です。基本的に問題ないのですが、Xになる可能性もあります。こちらに対して保証があるところを選ぶと良いでしょう。

返品前提で購入しなければならないというわけではないのですが、高額な商品なので、マーケットプレイス出品の提示している念のため販売条件を確認しておくのは重要です。(記載のない場合は、Amazonの返品条件に準じます。)

ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K) の白ロムはSIMロック解除品を買うべきか?

ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K) の白ロムは、SIMロック未解除品と解除品の二つがある可能性があります。

ドコモは販売している端末の全てをSIMロック解除することにしています。そのため、SIMロック未解除品は自分で解除できます。マイドコモなら無料で解除できます。

ただし次の場合に注意する必要があります。

  • 分割払いまたは端末購入サポートで購入した場合、購入から100日経過していない端末

白ロムで販売されているものは、購入から100日経過していない端末に該当するケースが少なからずあります。

「ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K) の白ロムを買ってきて、SIMロック解除を自分でしよー!」と思っていたとしても、元の所有者がドコモから購入して100日経過していない場合、SIMロック解除品をできず、しばらく待つというケースが発生します。

個人的には、ドコモ版Galaxy S9 をSIMロック解除したいとは思わないです。SIMロック解除をしたところでau 回線が使えるようにはならないからです。(ドコモのバンドのみ対応しているので、auのバンドには非対応)

ただ海外に持っていきたい人などは別でしょう。そのような方はハナからSIMロック解除済みの端末を買う方がいいでしょう。三千円ほど高いようです。

 docomo SC-02K Galaxy S9 チタニウムグレーをAmazon.co.jpで見てみる
 docomo SC-02K Galaxy S9 ミッドナイトブラックをAmazon.co.jpで見てみる
docomo SC-02K Galaxy S9 ライラックパープルをAmazon.co.jpで見てみる

ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K) の白ロムは、ドコモのケータイ保証には入れない

ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K)が故障した場合についてです。こちらの機器は1年間のメーカー保証がありますから、ドコモショップで対応をしてくれます。ドコモの契約があるかどうかは関係ありません。

ただし、白ロム購入時点ではなく、元の所有者がドコモから購入してから1年間であることをご留意ください。Galaxy S9の白ロムは流動性の高い人気商品なので、白ロム購入時点から数ヶ月は保証があると考えていいでしょう。

また保証が切れても有償で修理をしてくれます。

一方、「ケータイ補償サービス」については、白ロムは加入できません。ケータイ補償サービスは手厚いサービスとして知られています。毎月五百円程度かかるのですが、それなりにメリットのあるサービスです。

自然故障だけではなく、水濡れなどの自損事故、紛失も上限つきで保証してくれます。これはかなり魅力的です。

もし「ケータイ補償サービス」を魅力的だと感じる方はドコモから直接買うことをお勧めします。

ちなみに私自身の経験ですが、ドコモのケータイ補償サービスを2回ほど契約しましたが、結局のところ故障したことがなかったので、払い損でした。こういう保証は、保証する側がトクするようにできているものですよね(汗)。安心料です。

au版Galaxy S9 (SCV98) の白ロムはSIMロック解除品を買うべきか?

au版Galaxy S9 (SCV98) の白ロムは、SIMロック未解除品と解除品の二つがある可能性があります。

現時点で au 版は白ロムをSIMロック解除できません。解除できるのは契約者のみです。将来この方針は変わると思われますが、なんともわかりません。

ただau版Galaxy S9はSIMロック解除したところで、あまり意味はないとも言えます。ドコモやソフトバンクのプラチナバンドが綺麗に抜かれているからです。

UQ mobileや au系MVNO (例えば mineo aプラン、iijmio auプランなど)はSIMロックにかかわらず利用できます。

もしau版Galaxy S9 のSIMロックが意味を持つとしたら海外旅行です。渡航先で利用したい通信キャリアがau版Galaxyに適合するかどうかは事前に調査しておかれることをお勧めします。

au版Galaxyの実装周波数帯一覧は下記です。クリックすると大きくなります。

au版Galaxyの実装周波数帯一覧

au版Galaxyの実装周波数帯一覧

 

 au SCV38 Galaxy S9 チタニウムグレーをAmazon.co.jpで見てみる
 au SCV38 Galaxy S9 ミッドナイトブラックをAmazon.co.jpで見てみる
au SCV38 Galaxy S9 ライラックパープルをAmazon.co.jpで見てみる

Galaxy S9 の白ロムをAmazonで購入して楽しもう!

以上、ドコモ版Galaxy S9 (SC-02K)やau版Galaxy S9 (SCV38) の白ロムをAmazonで購入するときの注意点についてご紹介しました。

繰り返しになりますが、Galaxy S9 の白ロム(通電のみの新品未使用品)がAmazonで49,800円〜58,000円前後とお安いです。

Galaxy S9は2018年春にでたハイエンドスマートフォンであり、そのパフォーマンスはピカイチです。SD845を搭載したハイエンドなモデルですから、少なくとも2、3年は問題なく使えますし、メーカー側もサポートします。

Android スマートフォンは数あれど、ユーザが使っていて快適で楽しいのはGalaxy S9です。新しいバージョンAndroid 9 Pie は、au版にはもうきていますし、ドコモ版にももうすぐきます。

ぜひGalaxy S9の白ロムをゲットなさってください。SIMはいまお使いのもの使ってもいいですし、格安SIMを利用すれば月々の通信料はお安く抑えることができます。

Galaxy S9 の白ロムは数量限定なのでお早めにどうぞ!

 docomo SC-02K Galaxy S9 チタニウムグレーをAmazon.co.jpで見てみる
 docomo SC-02K Galaxy S9 ミッドナイトブラックをAmazon.co.jpで見てみる
docomo SC-02K Galaxy S9 ライラックパープルをAmazon.co.jpで見てみる

 au SCV38 Galaxy S9 チタニウムグレーをAmazon.co.jpで見てみる
 au SCV38 Galaxy S9 ミッドナイトブラックをAmazon.co.jpで見てみる
au SCV38 Galaxy S9 ライラックパープルをAmazon.co.jpで見てみる

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。