1. ホーム
  2. Surface
  3. ≫Galaxyスマートフォンの画面をSurface Goに映しだそう

Galaxyスマートフォンの画面をSurface Goに映しだそう

私たち Galaxy ユーザは日ごろから Galaxy を便利に利用しています。スマートフォンは小型軽量で、ズボンのポケットに入れてどこにでも持っていくことができます。

また 最新機種である Galaxy S9やS9 Plus、Note9はパワフルな Snapdragon 845 を搭載していますから、ちょっとしたパソコンのようなこともこなせてしまいます。

しかし、なかには本当のパソコンが必要だというシチュエーションもあるでしょう。モバイルOSだけで仕事が完結できるという人はなかなかいないというのが実態だと思います。

とある調査によると、大学生のパソコン利用率が高まっているそうです。いっけんスマートフォンばかりを利用していると思われている大学生ですが、キャンパスではパソコンを利用して勉強や研究に役立てている様子がうかがえます。

結局のところ、Galaxyもパソコンも両方必要なんですよね。

では、Galaxy ユーザがパソコンを選ぶとしたら何がいいでしょうか? パソコンにはたくさんの種類がたくさんのメーカーから販売されています。

実はGalaxy ユーザが選ぶべきパソコンとして、最有力候補があります。それは Microsoft Surfaceシリーズの「Surface Go」です。こちらの記事では、GalaxyとSurface Goの親和性についてご紹介します。

Windows 10で Galaxyの画面を表示できるようになる

Microsoft の Windows 10 は、1年に2回大きなアップデートを繰り返しています。最新の Windows 10 Insider Preview Build 18356 (19H1)では、Android デバイスを Windows PC 上に表示することができるようになることがわかりました。Phone Screenと言います。

Windows 10の Phone Screen

Windows 10の Phone Screen

Windows 10を利用していればわざわざ Galaxy スマートフォンの実機を見る必要はなくなると言えるでしょう。これは画期的な機能です。Remote Desktop のようなものです。

Windowsを操作しながら Galaxy を操作するなどということができるようになります。これはいいですよ。

Phone Screenはまだ開発中です。このPhone Screenによるミラーリング機能が最初にサポートするのは、Android デバイスのなかでもGalaxy S8・S8 Plus・S9・S9 Plus のみです。ある意味ではGalaxyユーザの特権とも言えるかもしれません。

Surface GoとGalaxyスマートフォンの親和性が高まる

Phone Screenは、Bluetooth Low Energy をサポートしているWindowsマシンが対象です。当面は「Surface Go」のみが対象機種です。

この機能が利用できる機種は、Android・PC共に拡大されると思いますが、詳細についてまだわかっていません。徐々に明らかになっていくことでしょう。

もしGalaxy S8・S8 Plus・S9・S9 Plus をお使いになっている方がいらっしゃるならば、買うべきパソコンとして「Surface Go」をまず軸に考えたいところです。スクリーンミラーリングのサポートが確実だからです。

Surface Goの魅力はスクリーンミラーリングだけではありません。10インチという小型にして軽量なタブレット型パソコンはどこにでももっていくことができるモバイル世代にむいているマシンです。

Surface Go LTE モデルが個人向けに発売中

Surface Go には、Wi-FiモデルのほかLTEモデルがあります。2019年1月についに発売になりました。

こちらのLTEモデルは少々お高い価格設定なのですが、しかし、テザリングをしなくても、直接ネットワークにつながるのは魅力的です。

 

Surface Go LTE モデルは、LTE搭載パソコンとしてはほぼオンリーワンな存在ということができるでしょう。

Surface Go LTEモデルのSIMスロット

Surface Go LTEモデルのSIMスロットは左側についている

Surface Go LTEについては、昨年 Surface Go 発表当時から待望された機種でもあります。予算があるならば是非とも検討したい機種です。

中には「テザリングで済ませたい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、テザリングはスマホ側のバッテリーを余計に消費することにもつながります。またテザリングの操作をすること自体がめんどくせーということもあります。

Galaxy ユーザにとって、もし Windows を購入するならばSurface Go がおすすめです。予算がある方にとっては、LTEモデルも魅力的な選択肢になりうるでしょう。

Surface Goを買うなら公式 Microsoft ストアがおすすめ

Surface Goは、Amazonやビックカメラなどの家電量販店で販売されています。私のおすすめは、公式サイトの Microsoft ストアです。

Microsoft ストアのメリットは30日間返品可能であること。もし「思っていたものと違っていた」「メモリをもう少し増やしておけばよかった」と思った場合、返品して再度購入し直すことができます。Surfaceはそれなりに高額な商品ですから、返品制度がしっかりしている公式サイトは魅力的です。

公式サイトでは Microsoft Complete という延長保証サービスも購入することができます。モバイル主体で使うことが多い Surface Go は加入しておいて損はありません。

またMicrosoft ストアではおトクなキャンペーンを開催しており、Surface Go などを購入するとキャッシュバックされます。また学割もあります。このキャンペーンは2019年4月11日までなので、公式サイトの Microsoft ストアでの購入をお早目にご検討ください。

 Surface Go を公式Microsoft ストアで見てみる

Surface Go をAmazon.co.jpで見てみる

Surface Go LTE をAmazon.co.jpで見てみる

Surface Go をビックカメラ.comで見てみる

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。