ギャラフォン

Galaxy スマートフォン情報サイト

Lenovoの13.3型モバイルPC「Yoga C630」をポチった

Lenovoの13.3型モバイルPC「Yoga C630」をポチった

Lenovo の13.3型モバイルPC「Yoga C630」を購入しました。

「Yoga C630」は、2019年4月19日に発売されたノート型パソコンです。もう2年前のモデルです。

このパソコンの最大の特徴はSnapdragon 850を搭載していること。ARMで動くWindowsということで、「WoA」などと呼ばれています。

とはいえ、ARMで動くWindowsはあまり流行っていません。2年経っても、全然流行っていません(涙)。ARMネイティブなアプリが数えるぐらいしかありません。

Yoga C630が激安で販売されていた

Yoga C630が発売された当時の直販価格は144,800円~(税別)。アルミニウム天板がかっこいいモデルでかなりお高め。

ただ、Lenovoのことなので、がんがん割引を利かせて販売していたことでしょう。

2年経って、このYoga C630がソフトバンクオンラインショップで24,800円で販売されていました。激安にも程があるでしょ・・・。

▶︎▶︎ Lenovo Yoga C630 81JLS0000をソフトバンクセレクションオンラインショップで見てみる

たまたまウェブサイトを見ていたら、最終入荷があったようで、運よく在庫をポチ流ことができました。。

ポチったあと、オンラインショップをチラチラ見ているのですが、在庫は回復しません。やっぱり最終入荷だったのだと思います。

Yoga C630はソフトバンクオンラインショップで在庫切れ
Yoga C630はソフトバンクオンラインショップで在庫切れ

私が購入できたのはラッキーだったのだと思います。

Yoga C630に期待すること

「Yoga C630」は、ネットではあまり評判が良くありません。

いくつか理由があるのですが、大きな理由の一つはアプリの互換性です。64ビットアプリが起動しません。

C630で動くのは、ARMネイティブなアプリです。ただ、これはあまり数は多くありません。

また32ビットアプリはエミュレーションで動作可能です。こちらは起動時に翻訳する必要があるので、遅くなります。

また評判が良くない理由の一つは、メモリが4GBである。これもかなりマイナスと言えます。

2021年のいま、メモリは16GBを積んでいて当然ではないでしょうか? (私が利用しているデスクトップはメモリ40GBですし、ノートは16GBです。)

4GBはいかにも少ないです。

ただ、私はYoga C630はSIMスロットがあることを高く評価しています。

楽天モバイルのnano SIMをYoga C630に入れて、PCブラウザを持ち歩きたかったんです。ブラウザとテキストエディタだけあれば、このサイトも更新できます。

なので、単機能さえ動けばオッケー。性能は全く期待していません。どうせ2万5000円程度ならお遊びです。

バッテリーも公称約18.6時間持つと言います。仮にその半分の9時間しか持たないとしても十分満足できると思います。

またこの価格でこの質感のノートパソコンは手に入らないだろうとも考えました。

Yoga C630はイオシスで39,800円で販売中

さて、ソフトバンクオンラインショップで24,800円で販売されていたYoga C630は、もう在庫切れと思われます。

もしYoga C630の購入を検討しているようでしたら、イオシスがおすすめです。イオシスでも新品のYoga C630を販売しております。こちらは「Active Pen」ペン付きです。

価格は39,800円(税込)と、ソフトバンクよりも15,000円お高いです。差額はペン代ということになりますでしょうか。

イオシスのYoga C630もおそらく1週間程度で完売することでしょう。もし私のように性能を期待せず、安価なノートPCに興味がある方はイオシスを覗いてみて下さいね。

▶︎▶︎ Yoga C630 81JL000DJPをイオシスで見てみる

Return Top