1. ホーム
  2. GalaxyS8・S8+
  3. ≫au版Galaxy S8 (SCV36)にAndroid 8.0 (Oreo) が提供開始

au版Galaxy S8 (SCV36)にAndroid 8.0 (Oreo) が提供開始

auが販売している「Galaxy S8(型番:SCV36)」にAndroid 8.0の提供が開始されました。

Android 8.0はOreoとして知られており、Google Android OSの最新バージョンです。

このOreoを待ち望んでいたユーザさんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

アップデート前に注意しておきたいこと

こちらのアップデートは、ファイルサイズが1.4GBと大変大きいです。4G環境でもアップデートできますが、できれば Wi-Fi 環境下で実行されることを推奨します。

バッテリーが完全に充電されていることをご確認いただくのもお忘れなく。

またBK Package Manager など、パッケージを無効化するアプリをお使いの方は一旦全て有効化しておく方が無難です。

所要時間は40分ですので、時間に余裕のあるときにアップデートなさってください。

アップデートで何が変わるの?

今回のアップデートは大型アップデートです。たくさんの項目が刷新されます。

詳しくは下記のau公式サイトのPDFファイルをご覧ください。

OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(PDF)

他のGalaxy はいつOreoにアップデートできるの?

今回、au版Galaxy S8 が Oreo のアップデートの対象となりました。同時発売された S8+ にアップデートが来ないのは少々疑問ですが、おそらく2、3週間以内にはアップデートが提供されるものとの思います。

またau版 Galaxy Note8およびNTTドコモ版S8・S8+・Note8もまたOreoがアップデートされることと思います。

アップデートの具体的な日付はわかりませんが、おそらく4月中には来るのではないかと考えられます。

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。