1. ホーム
  2. GalaxyS8・S8+
  3. ≫ドコモ版Galaxy S8 (SC-02J)・S8+ (SC-03J)にAndroid 8.0 (Oreo) が提供開始

ドコモ版Galaxy S8 (SC-02J)・S8+ (SC-03J)にAndroid 8.0 (Oreo) が提供開始

NTTドコモが販売している「Galaxy S8(型番:SC-02J)」「Galaxy S8(型番:SC-03J)」に、2018年4月19日よりAndroid 8.0の提供が開始されました。

Android 8.0はOreoとして知られており、Google Android OSの最新バージョンです。

ついにやってきましたね。

アップデート前に注意しておきたいこと

NTTドコモによると、端末本体のみでアップデートすると約49分、パソコンでアップデートすると約80分かかるとのこと。

かなり大きな時間がかかりますから、ぜひとも時間に余裕をみてアップデートを開始したいです。

 

アップデートで何が変わるの?

主なアップデート内容

  • ピクチャー イン ピクチャー機能
  • スマートなテキスト選択
  • ログイン情報の入力が容易に
  • Always On Displayの選択デザイン追加
  • マイファイルの機能拡張
  • セキュリティ更新(2018年4月)

 

いよいよOreoがドコモのGalaxy S8、S8+にやってきました。

あとはNote8、そしてS7 Edgeを待つばかりです。

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。

Galaxyの純正カバー


GalaxyがPCライクになる


Galaxyのワイヤレス充電器(急速充電対応)


GalaxyにぴったりのmicroSDカード