ギャラフォン

Galaxy スマートフォンに関する総合情報サイト

Galaxy Note10+の16MP超広角カメラで撮影してみた

Galaxy Note10+の16MP超広角カメラで撮影してみた

Galaxy Note10+の背面側には4つのカメラが搭載されています。その中でも16MP 超広角カメラがとても楽しいです。イチオシの機能の一つです。

メーカーによると、この超広角カメラを使うと、約123°の視野角で撮影可能。この画角は、35mm判換算だと約13mmです。

高価な一眼レフカメラをお使いの方でも、13mm相当のレンズを持っている人というのはあまりいないと思われます。超広角レンズはだいたい高価なんですよ。

Galaxy Note10+超広角カメラを使うと、私たちが撮れないような写真が撮れるのです。

先日、私は博物館を訪れました。

(写真をタップすると、大きくなります)

Galaxy Note10+を用いて撮影してみました。超広角カメラがあると、みたことがないような写真を簡単に撮影することができます。

超広角カメラを生かして撮影したど迫力の恐竜の化石の写真。これ、普通のスマートフォンでは撮影できないですよ。

【館内での撮影について】

博物館内では、他のお客さまのご迷惑にならないように、また他の権利者の権利を侵害しないよう、注意を払っています。

館内での一脚・三脚・自撮り棒の使用、フラッシュ等の光を発するもの、追加照明の使用及び団体集合写真の撮影はできません。

Galaxy Note10+には、カメラが4つも付いていますが、16MP 超広角カメラは実に楽しいです。外に繰り出して、Galaxy Note10+で写真を撮って、SNSに公開したりするのもいいです。
もはや写真は、私たちにとって新しい言語といってもいいでしょう。
Galaxy Note10+をゲットされた方は、超広角カメラをお楽しみください!
Return Top