ギャラフォン! Galaxyをもっと楽しく

Galaxy スマートフォン情報サイト

Galaxy スマートフォンを買ったら真っ先に試したいおすすめの設定はこれだ

Galaxy スマートフォンを買ったら真っ先に試したいおすすめの設定はこれだ

(この記事は2022年5月10日に更新しました)

先日、au版Galaxy S21 を購入しました。

アプリをインストールしたり、アンインストールしたり、初期化したりして、自分なりにベストな環境を作れるようになりました。自分の手にGalaxy S21 が馴染んできたというわけです。

Galaxy スマートフォンを購入してきたら、何をすべきでしょうか? 保護フィルムを貼る? 保護ケースに入れる? それも悪くありません。

しかし、もっと重要なことはGalaxy スマートフォンの設定です。というのもの、Galalxyは初期状態だとちょっと使いづらいのです。必ずしもスマホメーカーの設定が一番とは限りませんよね。

この記事では、Galaxy スマートフォンを購入したばかりの方、あるいは使い心地を向上したい方に向けて、おすすめしたい設定をお伝えします。全部を鵜呑みにする必要はありませんが、きっと役に立つヒントもあるはずです。

Galaxyは使えば使うほど、その魅力が発揮されます。ただし設定に関してわかりづらい部分もあります。ぜひこの記事を参考にして、Galaxy のパフォーマンスを最大限に引き出してみてください。

【前提】初期設定を完了する

Galaxyスマートフォンを工場出荷状態にします。完全にデータが初期化されますので、データをバックアップします。

工場出荷状態にしたら、下記の記事に従って、初期設定を完了します。

Galaxy スマートフォンを初期設定する(スクリーンショット多数)

完了したら、ビルド番号を叩いて「開発者向けオプション」を出します。

「開発者向けオプション」内の「USBデバッグ」を許可します。

さらに Galaxyスマートフォンを Mac/PC に ケーブルで繋ぎます。

【前提】不要なアプリを削除する

Galaxyスマートフォンにはキャリアのアプリがたくさんインストールされています。

ユーザにとって不要なものが多いので、アンインストールします。

au版Galaxy スマートフォンから不要なアプリを削除する

AppCloudがインストールされていたら

機種によっては、AppCloudがインストールされていることがあります。すぐにアンインストールします。

シェル内での構文は次のようになります。

adb shell pm uninstall --user 0 com.aura.oobe.samsung.gl

シャッター音を消す

日本版 Galaxy スマートフォンは、シャッター音を消すことができます。

シェル内での構文は次のようになります。

adb shell settings put system csc_pref_camera_forced_shuttersound_key 0

鬱陶しいシャッター音から解放されます。

Google Discover や Galaxy Free をオフにする

ホーム画面において、長押しし、左にスワイプします。

画面右上にスイッチが入っているので、オンにします。

デジタルアシスタントをオフにする

アプリ>標準アプリを選択 から、デジタルアシスタントアプリ 「なし」を選びます。

Gboardをインストールする

Galaxy キーボードやSamsungキーボードは使いづらいので、Gboardをインストールします。

DeXでもGboardは利用可能です。

Gboardでは、キーボードとして日本語だけではなく、「英語(米国)」を追加します。

Taskerをインストールする

DexでGboardを利用する目的で、Taskerをインストールします。

(ドコモ)my daizのキャラを消す

my daizの、豆腐のようなキャラを消します。

キャラを長押し→設定画面が出てきます。

画面のカラーバランスを調整する

[設定] > [ディスプレイ]> [画面モード]

デフォルトでは「表示を最適化」が選択されています。ここで「全画面のカラーバランス」をいじって最適な表示を選んでください。

 

アイコンのフレームを外す

[設定] > [ディスプレイ]> [アイコンのフレーム]

ここで「アイコンのみ」を選んで完了ボタンを押します。

 

画面の解像度を好みのものにする。

[設定] > [ディスプレイ]> [画面の解像度]

初期設定では、FHD+ (2220×1080)になっています。

 

ここで WQHD+ (2960 x 1440) を試して、FHD+とどちらがしっくりくるか比較してみてください。

画面のタイムアウトをちょっと伸ばす

[設定] > [ディスプレイ]> [画面のタイムアウト]

初期状態の30秒は短いと私は感じます。「2分」が最適だと私自身は思いますので、そのように設定します。

ナビゲーションバーのボタンのレイアウトを変更する

[設定] > [ディスプレイ]> [ナビゲーションバー]> [ボタンのレイアウト]

ここで「戻るーホームー履歴」を選ぶことで、他のAndroidで親しまれている配列に変更できます。

ホームボタンでロック解除をする

[設定] > [ディスプレイ]> [ナビゲーションバー]> [ホームボタン]

こちらで「ロック解除」にチェックを入れます。

画面オフからホーム画面を直接表示できます。

ビデオが眩しいのでエンハンサーをオフにする

[設定] > [高度な機能]> [ビデオエンハンサー]

こちらで、ビデオエンハンサーをオフになっていることを確認します。

うっかりオンにしてしまっていたら、YouTubeなどのビデオが眩しく感じられる時がありますので、オフにしてください。

 

Always on Displayを表示させる

[設定] > [ロック画面とセキュリティ]> [Always on Display]

Always on Display をオンにします。

 

Always on Display機能は、有機ELを使用しているGalaxy スマートフォンのもっとも特徴的な機能と言っていいでしょう。

これを活用すれば、いつでも時間やカレンダーが表示されます。とても便利です。

また副次できな効果として、Always on Displayをオンにすると、Galaxy の上下が分かります。

Galaxyはデザイン上、上下が分かりづらいから、オンにすることで天地を間違えないようにしましょう。

ホームボタンを長押しした時に起動するアプリを変更する

[設定] > [アプリ]> [(右上から) 標準アプリ]> [端末アシスタンスアプリ]

端末アシスタンスアプリはデフォルトでGoogleになっているはずです。

たまにホームボタンを長押ししてしまって、ピコンとGoogleが起動して焦ることがあります。それを避けるために、端末アシスタンスアプリは「なし」を私は選んでいます。

些細なことですが、快適になれますのでおすすめです。

まとめ

以上、Galaxy スマートフォンの初期設定と、便利な設定についてお伝えしました。

Galaxyには様々な機能がありますが、今回紹介したのはもっとも基礎的な設定ばかりです。

Galaxy初心者の方には是非ともこの記事を参考になさって、あなただけのGalaxyを作り上げてください。

Return Top