1. ホーム
  2. GalaxyTabS4
  3. ≫ハイエンドAndroidタブレットGalaxy Tab S4が魅力的すぎる

ハイエンドAndroidタブレットGalaxy Tab S4が魅力的すぎる

Samsung(サムスン)が2018年8月10日、Galaxy Tab S4の発売を開始しました。本記事では、この新しいタブレットデバイスについてお伝えします。

Galaxy Tab S4の特徴ってなに?

いやー、待ってましたよー、Samsungのタブレットデバイス! このタブレットはAndroid OS を搭載しています。内容はハイエンドと言って良いでしょう。

ここしばらくAndroid OS を搭載したハイエンドタブレットって、なかなか見なかったですよね。ハイエンドについては、他社はスマートフォンに注力しており、タブレットはミドルなどを投入しています。

今回のGalaxy Tab S4は、美しい有機EL (SuperAMOLED) 10.5インチ型ディスプレイを採用しています。ピクセル密度は287ppiです。

さらにSペンが同梱してきます。Note8やNote9でお馴染みですが、こちらのSペンはBluetooth機能は内蔵はしていません。しかし、大きく太いので、スマホサイズよりは握りやすくなっています。

Sペンは、もっとも便利なのが「スクリーンオフメモ」機能です。何か思いついたらすぐにTab S4の画面に書くことができます。

4つのスピーカーはAKGによりチューニングされており、ドルビーアトモスにも対応しています。

ストレージは64GBモデルと256GBモデルがあり、microSDに対応しています。(最大400GB)

Galaxy Tab S4のDeXモードがめっちゃ魅力的

Galaxy Tab S4の特徴の一つは DeX を採用していること。簡単にタブレットモードからDeXモードに切り替えることができます。外部ディスプレイにも繋げることができます。

DeXモードが新しい価値をユーザに提供していることは多いに着目されるべきです。S8やS9用に出されたDeX PadやDeX Stationとは一体何だったのか・・・、という愚痴はさておき(笑)。

DeXモードは、PCライクなインターフェイスです。Samsungが昨年2017年から力を入れています。これは、ブックカバーキーボードと相性がいいと言えるでしょう。またさらにBluetoothマウスを利用することができますから、ノートPCに近いことが実現できます。

また専用のHDMIアダプターを用いることで外部ディスプレイにつなぐことができます。これでDeXモードを利用することも可能。

Galaxy Tab S3からどれだけ進化したの?

Galaxy Tab S4をみるとき、前モデルGalaxy Tab S3からどのような点が刷新され、改善されたのかがポイントです。

Galaxy Tab S3は2017年3月に発売。このときも「ハイエンドAndroid」という位置付けでした。ディスプレイは9.7インチのSuper AMOLEDディスプレイで、Snapdrgaon 820を搭載。AKGによる4つのスピーカーはエンターテイメントにもってこいで、Sペンが同梱されていました。また別売りですが、キーボードカバーがアクセサリとして用意されておりました。

バッテリーについては6000mAhであり、連続動画再生時間は12時間。インターフェイスにはUSB-Cを採用しておりました。

振り返ると、Galaxy Tab S3は、当時のiPad Pro (9.7インチ)とかなり酷似した位置付けであったと言えます。またGalaxy Tab S4がiPad Pro 10.5インチに対するのはその相似形であると言えましょう。

面白いのが、Galaxy Tab S3もGalaxy Tab S4も、スマートフォンSシリーズに搭載しているSoCよりもちょっと古いものを採用しているところ。Tab S3発売時にはGalaxy S8がありましたが、これはSnapdragon 835を搭載しておりますので、「Tab S3も820ではなく835を搭載してよぉー」と思ったものです。この辺り、スマートフォンへの忖度なのかな、とも思っちゃいますね(笑)。

メモリやカメラ機能はそのままなのですが、ストレージやバッテリーなど、Galaxy Tab S3と比較すると、Galaxy Tab S4は順当に進化していると言え、後退している箇所は見受けられません。

Galaxy Tab S4に対する気になるところ・・・

これまでGalaxy Tab S4の特徴や魅力についてご紹介してきました。

これからは気になる点についてもお伝えしておきたいと思います。

Galaxy Tab S4は本体価格649 USDです。これはAppleのiPad Proと全く同等の価格です。Galaxy Tab S4のSnapdragon 835と、iPad ProのA10X とのパフォーマンスの比較がなされるべきでしょう。iPad ProのA10Xは定評があるので、これと同等かどうかが見極める材料になってくると思います。

またSurface Goも比較対象となりうるでしょう。Surface Goは米国の価格ですが下位機種が399 USD、上位機種が549USDです。こちらの方が100ドル以上お安いということもありどう捉えられるか。

また DeX が私達日本に住むユーザにとって本当に使いやすいかどうかということもまた検討材料になります。

私が試したGalaxy Note8 + Dex Pad、Galaxy S9 + DeX Pad という環境においては、残念ながら日本語はあまり打ちやすいものではありませんでした。これがどれだけ改善されているか、も非常に関心があります。

できればDeXでGoogle日本語入力やATOKなどの外部IMEが使えれば最高なのですが・・・。そのあたりの自由度も気になります。

いっぽうゲームなどをメインに考えている人にとっては、日本語入力はさほど重要ではないのでしょう。

またもう一つ気になる点はDeXへのアプリの対応です。いくつかのアプリはすでにDeXに対応していますが、まだまだ数が少ないです。使いたいアプリがDeXと相性が悪いなどということになったら悲しいですよね。このあたりが気になります。

Galaxy Tab S4 の仕様

Galaxy Tab S4 の仕様をざっとご紹介しますね。

ブラック・グレー
大きさ 249.3 x 164.3 x 7.1 mm
重量 482 g (Wi-Fi), 483 g (LTE)
ディスプレイ 10.5” WQXGA Super AMOLED (2560×1600)
287 ppi
フロントカメラ 8メガピクセル、F1.9
リアカメラ 13メガピクセル、F1.9
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/256GB
SDスロット 最大400GBまで対応
通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
インターフェイス USB-C 3.1 (Gen 1)
Bluetooth 5.0
OS Android O (Oreo)
オーディオ AKGによりチューニングされた4スピーカー
ドルビーアトモス対応
ビデオ 録画:UHD 4K (3840×2160) at 30 fps
再生:UHD 4K (3840×2160) at 60 fps
バッテリー 7300mAh、急速充電、ビデオ再生最大16時間可能

Galaxy Tab S4はどこで買えるの?

以上、Galaxy Tab S4をご紹介しました。

Galaxy Tab S4は、圧倒的な10.5インチの有機ELディスプレイを備えており、それでいて薄くて軽いデバイスです。4つのスピーカーはエンターテイメントに最適です。ディスプレイ比率は16:10であり、キンドル・漫画閲覧に向いているといえましょう。また大容量 7300mAh バッテリーはTab S3よりも大きく進化したポイントです。

いっぽう、Snapdragon 835を使っているのは少々寂しいです。指紋認証が廃止されていたり、あるいはメモリがTab S3と同じ4GBなのも残念かもしれないです。(Noteシリーズと同じ6GB積んでもいいのに!)

しかし、Galaxy Tab S4は、現行のAndroidタブレットとして最高の一台であることは疑いもないことです。

とても魅力的なGalaxy Tab S4ですが、我が国においては発売は未定です。今後、何らかのアナウンスがあるかもしれませんが、Galaxy Tab S3と同様、何もない可能性があります。

日本では、Galaxy S8やS9、Note8やNote9が好意的に受け止められていますから、ぜひともGalaxy Tabも日本市場に投入してほしいと思うのですが、もしかしたら期待薄かもしれません。

Galaxy Tab S4はすでに販売されており、国内ではイオシス、海外からはエクスパンシス・Etorenから購入することができます。

【Galaxy Tab S4 4Gモデル】

Samsung Galaxy Tab S4 10.5″(2018) T835 4G 64GB BlackをEtorenで見てみる

Samsung Galaxy Tab S4 10.5″(2018) T835 4G 256GB GreyをEtorenで見てみる

【Galaxy Tab S4 Wi-Fiモデル】

Samsung Galaxy Tab S4 10.5 with S Pen SM-T830 【Black 4GB 64GB 海外版 WI-FI】をイオシスで見てみる

Galaxy Tab S4 Wi-Fi版をエクスパンシスで見てみる
Samsung Galaxy Tab S4 10.5″(2018) T830 Wifi 64GB GreyをEtorenで見てみる

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。