1. ホーム
  2. Galaxyアクセサリー
  3. ≫【レビュー】Galaxy Note8 純正ケース「Clear View Standing Cover」は決定版だ

【レビュー】Galaxy Note8 純正ケース「Clear View Standing Cover」は決定版だ

Galaxy Note8を購入したら、おそらくさまざまな周辺機器が欲しくなるでしょう。その筆頭はおそらく保護カバーではないでしょうか。

Galaxy Note8は大変高価なので、落としたらタイヘンです。

中には「ハダカで使い倒すよ!」などという豪快な人もいるかもしれません。けれど、多くの人はカバーを求めることでしょう。

今回、Galaxy Note8 純正ケース「Clear View Standing Cover」をレビューします。

この「Clear View Standing Cover」は、Samsung純正のカバー。フィット感が抜群であるばかりか、機能性も高いです。

私は自分の使っている Note8 にこのカバーを装着しており、とても気に入っています。「Note8 にカバーが欲しいと人が真っ先に検討すべきものがこのClear View Standing Coverだ」と考えています。

本記事では、Clear View Standing Coverについて使用感と、多数の写真とともにご紹介いたします。

 【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy Note8用 Clear View Standing CoverブラックをAmazon.co.jpで見てみる

Galaxy Note8 の「Clear View Standing Cover」について

Galaxy Note8 の「Clear View Standing Cover」をご紹介します。

今回私が購入したのはブラックです。パッケージは下のようなものです。今回私はドコモショップで購入しましたので、「docomo select」という文字が入っています。しかし、他店で購入してもモノ自体は一緒です。

「Clear View Standing Cover」の特徴の1つ目は、その名前の通りスタンド機能です。スマートフォンを横にした状態で、立てることができます。

ビデオの閲覧時に役立つばかりか、Bluetoothキーボードを接続してる時にも有効です。また、ゲームコントローラを用いた場合も便利に感じることでしょう。

特徴の2つ目は、本カバー専用のユーザエクスペリエンスです。閉じた時に、ディスプレイに映し出されている情報(時計の時間など)がカバーを通して見ることができます。これはNFCを生かした、このカバー独自の機能です。

フタの開閉に応じて、画面がオン・オフを切り替えてくれます。とても賢い仕様です。

Note8にカバーを装着すると、テーマを提案してくれます。下記はブラックのカバーをつけた時の提案。

 

 

 【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy Note8用 Clear View Standing CoverブラックをAmazon.co.jpで見てみる

Galaxy Note8 の「Clear View Standing Cover」の外観

「Clear View Standing Cover」をパッケージから出したところは下の写真のような状態です。商品にはダミーのフィルムがついています。

フィルムには時間が印刷されています。これは単なるダミーですから、取っちゃいますw

下記はフィルムを剥がした状態です。これでようやく装着できます。こちらの商品のオモテ側はツルツルした状態であるのが確認できます。

下は「Clear View Standing Cover」の裏側です。カメラや指紋センサーの箇所がくりぬかれていることがわかります。また、日本市場向けには Galaxy というロゴが見えます(グローバル向けには Samsung と書かれています)

「Clear View Standing Cover」の左側です。音量ボタン、Bixbyキーにあたる部分が綺麗に印字されています。

「Clear View Standing Cover」を開けたところです。本体装着箇所にはさらにフィルムが貼られており、装着方法と立て方が図で説明されています。

「Clear View Standing Cover」を広げると下記のようになります。3枚構造になっているので、スタンドとして立てることができます。

実際に上記のように使うことはありません。

 【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy Note8用 Clear View Standing CoverブラックをAmazon.co.jpで見てみる

Galaxy Note8 の「Clear View Standing Cover」の外観

実際にGalaxy Note8 の「Clear View Standing Cover」に装着した時の写真をご紹介します。

装着はとても簡単です。ケースにハマるだけ。さすが純正と言っていいでしょう、綺麗に装着できます。

裏側のカメラ・指紋センサー部分です。完璧にハマっています。

こちらは本体とカバーの上部です。SIMトレイにも簡単にアクセスできます。

下は電源ボタンです。

こちらは底面部分です。USB-C端子やSペンが見えます。

装着した時の完成度はとても高く「Note8 設計の情報が完全にこのカバー作りに生かされていることを感じます。

 【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy Note8用 Clear View Standing CoverブラックをAmazon.co.jpで見てみる

「Clear View Standing Cover」はこうやって使え

「Clear View Standing Cover」の特徴の一つは、スタンド機能であることはご紹介しました。

この機能を利用して、Note8を横にも縦にも立てることができます。

Note8は6.3型のディスプレイを備えています。スマートフォンとしては、とても大きなディスプレイサイズといって差し支えありません。メーカー側はこのディスプレイを「インフィニティディスプレイ」と称しています。

スタンド機能を利用すれば、6.3型のディスプレイビデオを楽しむ時に役立ちます。

 

私がよく使っているのは、Bluetoothキーボードとの併用です。この「Clear View Standing Cover」があれば、両手が空きますので、キーを打鍵できます。

この使い方は、Note8をトコトン使い倒したい人に取って、本当にオススメです。

Note8はあくまでスマートフォンです。パソコンやタブレットではありません。しかし、スマートフォンとしてどこにでも持っていける気安さがあります。

Note8の6.3型のディスプレイはまさに絶妙と行っていいです。これもよりも大きくなると、スマートフォンと呼ぶのは少々辛くなります。

スマートフォンとしておそらく最大級のディスプレイに外付けBluetoothキーボードをつけれてば簡易的なノートパソコンに早変わりです。

最新の Android OS と最新のハードウェアを搭載したNote8の使い方の一例です。

 【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy Note8用 Clear View Standing CoverブラックをAmazon.co.jpで見てみる

「Clear View Standing Cover」のココが気になる

「Clear View Standing Cover」は様々なメリットがあります。しかし、使い込むうちに気になる点が出てきました。

まず一つ目は、厚くなってしまうこと。Galaxy Note8 自体は、何もつけていない状態はさほど厚いわけではないでなく、ズボンのポケットに入れることが可能です。

しかし、Clear View Standing Coverを装着するとどうしても厚みが出てしまいます。ズボンのポケットには入れづらいです。ギリギリかなぁーというのが正直な印象です。

私のオススメは、ジャケットやアウターのポケットに入れたり、ボディバッグなどちょっとしたバッグ・カバンに入れることです。

二つ目は、綺麗すぎることです。Clear View Standing Coverは鏡面仕上げです。綺麗で、上品です。その反面、指紋がつきやすく傷つきやすいと思います。カバーなので、傷ついたら取り替えればいいのですが、もし傷つきにくいカバーをお求めの方は、別の素材のカバーを検討されていいと思います。

「Clear View Standing Cover」はどこで買えるの?

以上、Galaxy Note8 純正ケース「Clear View Standing Cover」をご紹介しました。

「Clear View Standing Cover」は純正だけあって優れた工作精度を持っており、Note8 にぴったり装着できます。スタンド機能は便利で、開閉によりオンオフします。

本製品はAmazon.co.jp等のオンラインショップで購入することができます。

なおドコモショップでの購入はオススメしません。私はドコモショップで5,940円で購入したのですが、付属品の購入だけに45分も待たされました。しかもAmazon.co.jpでは、5,863円で販売されており安かったです。

Amazon.co.jpであればすぐに持ってきてくれますし、安いので購入することを強くオススメします。

なお、もう一つのGalaxy純正カバー「Alacantara Cover」について、当サイトでレビューしています。こちらも合わせてお読みください。

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。