1. ホーム
  2. GalaxyNote8
  3. ≫Galaxy Note8をついにゲット!気になる価格は?(ドコモ版・au版・グローバル版)

Galaxy Note8をついにゲット!気になる価格は?(ドコモ版・au版・グローバル版)

(この記事は2018年2月24日に更新しました)

Galaxy Note8 が日本において、2017年10月26日に発売されました!

Noteシリーズが日本で発売されるのは3年ぶりのこと。このGalaxy Note8を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?

私は、発売日から3日経った10月29日にようやくNote8 を購入することができました。

ドコモ版Galaxy Note8 を購入!

今回私が購入したのは、ドコモ版Galaxy Note8(SC-01K)です。

正直に言って、かなり悩みました。ドコモ版のNote8の他に、au版やグローバル版が買うことができます。一体どれを買うべきなのか・・・。

最終的にはドコモ版とグローバル版と二択にまで絞り込みました。

「せっかく高いお金を出すのだから、納得するモノを買いたい・・・」

私はそう思って、ドコモ版Note8 とグローバル版Note8を比較していました。

最終的に決め手になったのは、「いま在庫あります」の店員さんの一声です。

なんだそんなことかよ!という声が聞こえてきそうが、やっぱり納期って大事だと思うんですよね。

直前まで、パフォーマンスの高いExynos 版にしようと思っていたのですが、ドコモ版にしちゃいました(笑)。い物って、所詮は縁かなとも思います。

ただ、冷静に考えるとやっぱりグローバル版にしておけばよかったかな、と思います。それは、Galaxy の初期設定画面でひつじくんが出てきたのこと。

またお前か〜! と思いました(笑)

ひつじくん要らないですよ。ドコモさん、Galaxy からは外してよー!

このキャリアのゴミアプリはつくづく残念です。

 

Galaxy Note8の価格は?

2017年10月26日より発売が開始された Galaxy Note8の価格についてお伝えします。

我が国においては、ドコモとauが販売しております。

まずドコモに関してはGalaxy Note8は機種代金が 126,360円です

そして、毎月の通信料からは、2,079円から4,158円が割引されます。4,158円も割引されるのはMNP新規の場合です。

結果的に、実質負担金は76,464円から26,568円です。 MNPが激安といえます。

次にauに関してはGalaxy Note8は機種代金が 118,800円です。そして、毎月の通信料からは、2,151円円が割引されます。

結果的に、実質負担金は67,176円です。

いずれにせよ、機種代金のみに着目した場合、どちらも10万年越え、という高価な価格設定がなされています。

グローバル版Galaxy Note8の価格は?

さて、Galaxy Note8は日本発売に先行して、グローバル版がすでに発売されております。

ここでは代表的な通販サイトEtorenとExpansysの価格情報を取り上げます。

まずEtorenでは、Samsung Galaxy Note 8 N950FD Dual Simが819 USD (¥87,950)で販売中です。

型番N950FDはExynos8895を採用したモデルです。他機種よりもSoC速度が速いと言われていますし、ベンチマークもまたそのようになっています。

 EtorenでSamsung Galaxy Note 8 N950FD Dual Simを見てみる方はコチラ

なお、N950FDはAmazon.co.jpにも在庫があります。
 AmazonでSamsung Galaxy Note 8 N950FD Dual Simを見てみる方はコチラ

次にExpansysでは、Samsung Galaxy Note8 Dual-SIM SM-N9500が¥87,450で販売されております。

型番N9500はSnapdragon 935を採用したモデルです。Exynos版には劣りますが、通信バンドが日本むきと言われております。ゴニョゴニョすると、プラスエリアにも対応するのがこちらです。

ExpansysでSamsung Galaxy Note8 Dual-SIM SM-N9500を見てみる方はコチラ
icon
なおN9500はAmazon.co.jpにも在庫があります。
 AmazonでSamsung Galaxy Note8 Dual-SIM SM-N9500を見てみる方はコチラ

機種代だけ見た場合、グローバル版の方が安いです。これに格安SIMを選んで使えば、とても安価なコストで Note8 を楽しむことができます。

グローバル版はSIMフリーで、キャリアのゴミアプリが入っていないという大きなメリットがあります。

Galaxy Note8はどれを選ぶべき?

まとめます。Galaxy Note8は日本版・海外Exynos版・海外Snapdragon版・の三種類があります。

日本版はもしMNPが使えるならば安く買えるメリットがありますが、いらないアプリがてんこ盛りでイラっとします。

海外Exynos版であるN950FDは、Snapdragon版よりもパフォーマンスが優れています。

海外Snapdragon版であるN9500は日本版に準じますが、ストレージが256GBのものを選ぶことができます。可愛いピンク版もあります。

選ぶ基準は様々ですが、ストレージの容量が多いものを選ぶならばN9500がいいです。256GBあればかなり長持ちさせることができるからです。足りなくなればSDを買えばいいでしょう。

海外Exynos版であれ、海外Snapdragon版であれ、日本のドコモのMVNOであれば、普通に使うことができます。

 

この記事がお役に立ちましたらTwitterやFacebookでシェアしていただけると嬉しいです。

Galaxyの純正カバー


GalaxyがPCライクになる


Galaxyのワイヤレス充電器(急速充電対応)


GalaxyにぴったりのmicroSDカード