ギャラフォン! Galaxyをもっと楽しく

Galaxy スマートフォン情報サイト

Samsung DeX で Gboard を利用可能にする「ちーさまメソッド」とは?

Samsung DeX で Gboard を利用可能にする「ちーさまメソッド」とは?

Samsung DeXは、ハイエンド Galaxy スマートフォンや Galaxyタブレットで使える機能です。

このDex を利用すると、スマホやタブレットがまるでデスクトップPCのようになります。

Samsung DeXで、Galaxyを大画面で楽しむ

例えば、Galaxy スマートフォンをPCの外付けディスプレイにつなぐと、このDeX機能を利用して大画面でアプリを楽しむことができるのです。

DeXはミラーリングとは異なります。ミラーリングはスマホの画面をそのまんま表示するだけですが、DeXはキーボードやマウスを繋いで操作することができます。

Dexで使用するディスプレイ・キーボード・マウスがGalaxyの機能をさらに引き出してくれます。

Samsung DeXは日本語入力が苦手だ

Samsung DeXは意外と歴史があります。

2017年に発売された Galaxy S8、Note 8の頃からの機能ですから、すでに5年間の歴史があります。

過去には「Linux on DeX」というプロジェクトがあるなど、かなりギークに寄せた製品だったんです。

私自身、Samsung DeXの先進性にロマンを感じており、周辺機器 DeX Pad を購入したり、Linux on DeXを楽しんだりしました。

ところが、Samsung DeXは周りの人々にそれほど勧めたい機能ではなかったのです。特に日本語ユーザにとっては。

理由は、DeXで動作するGalaxyキーボードの日本語変換品質が著しく劣っているためです。

Samsung DeXという素晴らしい箱があるにもかかわらず、その中で日本語で執筆しようとすると、変換結果が酷すぎて「これでは使い物にならない」という感想しか出てこないのです。

Androidで日本語変換を行なってくれるアプリは、例えばGboardやGoogle日本語入力、ATOKなどがあります。

これらをSamsung DeXで利用できればいいのですが、DeXがGalaxyキーボードを強制的に固定しているのです。

【レビュー】Galaxy DeX Pad はスマホを簡易デスクトップにしてくれるが日本語入力は難あり

上の記事は、2018年の記事ですが、4年経っても一向に改善しません。

2022年4月時点においても、Samsung DeXとGalaxyキーボードの相性はちっとも良くなっていません。

Galaxyの新製品が出るたびに「今回はDeXが使い物になるだろうか」と薄く期待するのですが、その愚かな期待はあっさりと裏切られ続けてきました。

Samsung DeX で Gboard を利用可能にする「ちーさまメソッド」

ところが朗報が飛び込んできました。

Samsung DeXでGalaxyキーボードを使わず、日本語変換アプリ「Gboard」 を利用可能にするメソッドがあります。

それがちーさまメソッドです。こちらの記事をご覧ください。

▶︎▶︎ Samsung DeX で Gboard を使う(ちーさま)

ちーさまメソッドのポイントは、DeXのデフォルトキーボードであるGalaxyキーボードを、アプリTaskerを利用して直接Gboardの設定値に書き換えることです。

Galaxy スマートフォンや Galaxyタブレットのほか、adbが使える環境(MacやPC)をお持ちでしたら簡単に設定が可能です。

▼ Galaxy DeXでGboardを使うと日本語変換が賢い。

ちーさまメソッドを利用したハックは、私が試した限り安定しています。

adbが使える環境が必要なので、MacやPCが必要にはなりますが、ここさえ入手していただければちーさまメソッドを利用することでDeXが飛躍的に使いやすくなります。

【動作報告】au版Galaxy S21 (SCG09)で、Samsung DeX 上で Gboard が利用可能になった

動作報告です。手持ちのau版のGalaxy S21 (SCG09)でちーさまメソッドを試してみました。

▼ Galaxy S21のSamsung DeXの画面です

▼ 標準キーボードに「Gboard」が選ばれているのが確認できます。

本来、ここは「Galaxy キーボード」で固定されているのですが、ちーさまメソッドのおかげでGboardになっています。

▼ Samsung Dex のバージョンは4.1.26.4 (執筆時点最新)

 

【動作報告】香港版Samsung Galaxy S9 (SM-G9600)で、Samsung DeX 上で Gboard が利用可能になった

もう一台、手持ちの香港版Samsung Galaxy S9 Dual-SIM (SM-G9600) で試してみました。

▼ Galaxy S9のSamsung DeXの画面です

▼ 標準キーボードに「Gboard」が選ばれているのが確認できます。

香港版Samsung Galaxy S9の標準キーボードはSamsung キーボードです。海外モデル用のインプットメソッドです。

このSamsung キーボードも、日本語変換はDeX上ではひどい品質です。

しかし、ちーさまメソッドのおかげでGboardに変更できています。

▼ Samsung Dex のバージョンは3.8.50.7 (Galaxy S9としては執筆時点最新)

留意すべき事柄

ちーさまメソッドは Tasker を利用することで、Samsung DeX で起動する日本語変換アプリを Gboardに強制的に書き換えています。

従って、Taskerが起動している状態からSamsung DeX を起動するという手順を踏むべきです。

例えば、Galaxy スマートフォンが画面オフの状態から USB-C ケーブルを繋いで画面をオンにすると、Taskerが起動しないでSamsung DeX が起動します。

この場合、日本語変換アプリを Gboardにはなりません。

もう一点、Taskerに十分権限を与えてあげないとちーさまメソッドうまく動作しません。もしうまくいかない場合は、Taskerの権限を見直すと良いでしょう。

この2つの点は、私自身少しハマった点ですので、ご参考までお伝えいたします。

まとめ:Samsung DeXで日本語を打ちまくれ

以上、Samsung DeX で Gboard を利用可能にする「ちーさまメソッド」についてご紹介しました。

ハイエンド Galaxy スマートフォンや Galaxyタブレットをお持ちの方は、Samsung DeX を利用できます。

これまでDeXは日本語入力がうまくいかないので、日本のユーザには動画を見たりゲームを遊んだりするぐらいしか使い道がありませんでした。

しかし、ちーさまメソッドのおかげで、生産性を求める日本語ユーザにとってSamsung DeXが魅力的なものになりました。

DeX上で、Wordを用いて文章を執筆したり、メッセンジャーアプリを複数開いて用いてメッセージを書いたりできます。これは最高に楽しいことです。

ちーさまメソッドを利用して、ハイエンド Galaxy スマートフォンや GalaxyタブレットでGboardをお楽しみください。

【謝辞】

ちーさまメソッドを開発していただいたちーさまに深く感謝いたします。

▶︎▶︎ Samsung DeX で Gboard を使う(ちーさま)

Return Top